実地指導がありました

昨日は午後からながだいに北海道・渡島保健福祉部の実地指導がありました。

実地指導とは、事業所の運営が適切になされているか?ということをメインに
運営状況の確認、及び不適切な部分があれば指導があるというもので、
良く「監査」という言葉を使う方がいますが、そうではなく、その前段階ということ
になりますね。
ですが、実地指導であまりにも不適切な部分(特に介護報酬絡みや虐待等)が
多かったりすると「実施指導」から即座に「監査」に切り替わるという場合もあります。

といういことで、昨日の実地指導ですが、結論から言うと指摘事項はありませんでした。
ただ一つだけ、契約書若しくは重要事項説明書に利用料金を明記したほうが良いだろうと
の指導をいただきましたので、そこは修正していきたいと思います。


さて、実地指導に関してはベルエキップでの時もそうでしたが、道の担当者との意見交換
という場でもあります。普段業務をしながら曖昧になっていること等を確認する上でも貴重
な時間だと思いますし、今回もいろいろと質問をさせていただきました。

その質問とそれに対する回答をアップさせていただきますので、もしご参考になれば幸い
です。


Q1.定員超過の問題
例として入浴目的でご利用されている利用者さんが、年末年始に曜日の振替でご利用
希望があった際、定員を超過した場合は減算の対象になるか?または指導の対象に
なるか?

A.基本的に月平均で定員を算定する事になるので、それさえクリアできていれば問題
ない。また、例のように常態化せず緊急的な意味合いがあれば問題ない。


Q2.通所介護計画の同意はサイン(署名)のみでも問題ないか?

A.法令には捺印が必要だとはなっていない。よって、サインのみでも可だが、要は説明
と同意が確実になされれば問題は無い。
※ですが、このときは捺印があったほうがモアベターというニュアンスに聴こえました。

Q3.介護者の体調不良等で緊急性のある理由でデイの利用回数を一時的に増やした
場合、その際のケアプラン、及び通所介護計画書は必要か?

A.一時的なものであれば、必ずしも必要は無い。だが、このようなケースの場合はケア
プランに柔軟性を持たせ、「介護者の状況(体調)等により回数を増やす場合もあり」等の
文言があれば良いのではないか(通所介護計画も同様)。

Q4.担当のケアマネが変更になった場合(同じ居宅内や包括支援センター内)、ケアプラン
が送付されてくることがあるが、ほとんどプランの内容が変化ない場合、通所介護計画は
新たに作成する必要はあるか?

A.必要ないと思われる。またケアマネに関しては利用者と事業所との契約なので、
担当者が変わった際、特にプランに変更が無ければ作成し直す必要もないと思われる。

Q5.上と似た質問だが、デイの利用者で新たにショートステイを利用することになった際、
ケアプランのサービス種別にショートが加わり、他の内容は前回と同一のケアプランが
交付されてきた場合に、通所介護計画は作成必要か?

A.デイの部分で変更がないのであれば作成は不要と思われる。


と、こんなところでしょうか?
特にQ4に関しては結構ケースとしてあるんですよね~。
結構考える部分でしたので、明確な返答をいただけてよかったです。

あ、それからデイ利用中の「買い物」って、完全にNGではないんですね~。
自分は完全にNGだとばかり思ってました。
まあ、ケアプランや通所介護計画で、明確に「機能訓練」と「買い物」を結びつけるか?
が条件だとは仰ってましたが・・・。
って、普通結びつかんやろ!!


まぁ、しかし、道の方がくるということで、やはり私も緊張しましたね。
何も悪いことはしてないのに、パトカーを見ると少し緊張してしまう小市民と一緒(苦笑)。




さて、実地指導が終わりましたし、年内にもう一つ山がありますな~(あ、忘年会ではない
ですよw)。何とか越えて、スッキリ新年を迎えたいと思う所存。



P・S 回答に関してはローカルルール?もあるかもしれませんので、ご注意を
[PR]
Commented by KEISHIN at 2010-12-14 23:04 x
 確かに自治体(人?)によって差があるみたいで
すね。特に通所介護計画書に関する行政の意向が違
います。

 買い物は散歩(歩行訓練)とかでいいんじゃない
ですかw社会性を確保していく上でも必要な事です
から。楽しみながらやれる事がいいと思いますしウ
インドウショッピングとかは企画していますよ。

 介護情報システムの定期調査といい実地指導といい
質の良いサービスを提供していく上で我々の意識レベ
ルを上げて行くには良い材料になるなと思っています。
 でだんだんこれで文句はないだろうみたいなものを
作るのが好きになってきますがw
 そんな中で家はここが売りと言える利用者さんの利
益にかなった内容を増やしていけるようにお互い頑張
りたいですね。
Commented by ミスターK at 2010-12-15 12:53 x
KEISHINさん、こんにちは~。
確かに担当者の方でも、微妙な見解のずれはありますよね。
今回に関しては担当の方もやみくもに「法令、法令」という感じではなかったので、
こちらとしてはいろいろ話がしやすかったです。

買い物に関しては以前「介護保険サービスにヘルパーがあるので、そちらを利用するべき」
とのお話を聞いた事がありますが、言われてみればなるほどという気もします。

そうですね。
デイの場合は自事業所のカラーを出せるサービスですので、これまでも十分
そこを考えてはいますが、今後も常に新しいものを考えてやっていきたいですね~^^

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daynagadai | 2010-12-09 11:14 | ミスターK | Comments(2)