デイサービス初心者のデイサービス日記 daynagadai.exblog.jp

函館で小規模デイと放課後デイを運営してます。目指すは「自分の家族を通わせたくなるデイサービス」です!!


by daynagadai
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

改めまして

東日本大震災で被災された皆様に心より見舞い申し上げます。
今は少しでも多くの方が救助され、そして避難所にいる方たちにも必要な援助が行き渡るよう
心より祈っております。


かくいう私も青森の出身でございますので、金曜日の夜に実家の母に電話。
家は日本海側で、しかも山間になりますから津波の心配はないのですが、
停電で、家には反射式のストーブが一台のみとの事。まだこの時期は朝晩は
冷え込むので、暖をとるのがまず問題のようでした。
ですが水道、ガスは問題なく使用出来るのが救い。

翌朝にまた電話するも、今度は電話に母が出ません。
どこかに避難したのか?電話が呼び出し音はするも、実祭は通じていないのか?
色々と憶測が頭をよぎりましたが、昼過ぎに電気も普及し、無事だとの事で連絡があり。
私のように停電だけでも、離れた肉親の事は心配になりますので、大きな被害を受けて
いる太平洋側に親類(または知人)がいる方はどうしたお気持ちか、心中お察しいたします。


幸い当デイサービスご利用者様には一切の被害はなく、一安心。
ですが、地震で揺れている時間は長かった・・・・。
なかなか揺れが収まらず、瞬間的に「これは大地震だな。どこよ。」と思いながら
PCを見ると「宮城県沖」が目に入り、「良かった、青森じゃなかったか・・・」と少しホッと
しながら良く見ると「震度7」の文字が。。。
そしてテレビをつけると、間もなくして津波の瞬間が映されています。

月並みですが「考えられない」「とんでもない」津波です。
これが「日本沈没」なのかとも思いました。これが「現実」なのか?
不思議な気持ちにもなりました。


「災害は忘れたころにやってくる」


私の周りでは、今回はたまたま被害が大きくならなかっただけですが、「明日は我が身」
いつ、どこで、どんな目に遭うか?なんて誰にも分かりません。

その時の為に、色々な意味で準備や心構えが大切だと、改めて痛感しました。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daynagadai | 2011-03-14 13:30 | ミスターK | Comments(0)