人気ブログランキング |

2011年 02月 22日 ( 1 )

光と影

c0205393_19333214.jpg



本日から、デイサービスセンターベルエキップではK君が「主任」を務めることとなりました。
つまり現場の「責任者」という事であります。

地位が人を育てるのか?人が地位を作るのか?といった議論はありますが、やはり地位が
はっきりする事でより明確な責任の在り方が分かりますし、K君にはそれを背負う事で見えて
来るものがたくさんあるはずだと思います。

K君、よろしく頼みます。


それと、今日一つ驚いた事がありまして。
ベルエキップご利用中の方で、自立度の高いご利用者さんが今月いっぱいで利用を止め、
今後はリハビリ中心のデイに通う事になるとの連絡を担当の方からいただきました。
はっきりとした理由があるとはいえど、ショックな部分も有ります。
ご利用中も、いつも楽しく過ごしている様子しか思い浮かばないご利用者さんです。
利用目的は身体機能の向上・維持に重点が置かれる方ですので、もちろん運動や体操の
メニューにも取り組んで頂いていたわけですが、正直物足りなかったんでしょう。
「もっと、色々な運動をしたいな」とか、「もっと体の為になる事をやりたい」とか、きっと思って
いながらも、私たちに言い辛かった部分もあったのだと思います。
そうした気持ちに気付き、そしてそのニーズに即したメニューを提供できなかった事に関して
反省していかなければと思います。

ですので、改めて「個別のメニュー」とは何なのか?を考えて行く必要があるという事ですね。




さて、ながだいはといいますと、最近悩んでいる事がありまして・・・。
詳しくは書けませんが、あるご利用者さんの認知症の周辺症状に関してです。

以前からながだいをご利用されていた方で、ご利用中は精神的に不穏な状況はなく経過。
しかし、昨年脳梗塞を発症し入院。その後リハビリにより回復し退院されたわけですが、
退院後の状況、というか正確にいうと入院中から時折ある周辺症状があったようなのです。

退院後、デイを利用再開したわけですが、現在もその周辺症状は改善されず続いています。
スタッフもなんとか良い方向へと、声をかけたり対応を考えているのですがうまくいきません。
かくいう私も、今日その周辺症状を目の当たりにし、何も出来ませんでした。

きっとその行動に至るまでになにかしらの原因があるはずだと思うのですが、分かりません。
そして、現在の行動に対してどう対応するべきかも正直なところまとまりません。




自分の無力さを感じます。
by daynagadai | 2011-02-22 19:34 | ミスターK | Comments(2)