人気ブログランキング |

送迎の掟4カ条

私は人員構成上一人で送迎することが多いわけで。
ですが、本来緊急時のリスクを考えると一人送迎は好ましくありません。
ただ、超零細企業とすれば致し方ない部分でもあります。
人件費が一番大きいわけですのでね。。。

ということで、私が送迎時に心に決めている掟4箇条とは。

1.チャイムは長押しする(ピンポンじゃなくて、ピ~ンポ~ン)
  不思議とチャイムを速押しされるといやな気分になりませんか?せかされるみたいな。

2.小走り
  利用者さんを迎えに行く時、送った後で車に戻る時等。
  やはり送迎はいかにスムーズに、そして少しでも早く目的地に着くことが重要だと考えます
  ので、少しの時間でも、急いで走るのです。利用者さんもシビアに見てますしね、その辺。
  車の走行速度は、また別な話。

3.「お変わりないですか?」と尋ねる。
  私たちは利用者さんに時系列で関わっていますので、前回の利用後に「変化が無いか?」
  その部分は非常に重要です。

4.次の目的地を明確にする。
  誰だって、車に乗った後にどこへ行くかは気になるところ。ですので、利用者さんが乗った後に
  「次は○○さんを迎えに行きます」とか、「このまままっすぐ(デイに)向かいます」とか、「これから
  今日体験利用に来る方を迎えに行きます」などなど。
  行き先がわかるだけで、心構えはだいぶ変わりますし、余計なストレスを与えませんのでね。



といういことで?久々サカナクションの新曲。


http://www.youtube.com/watch?v=1awua0YrSRs


相変わらず、クオリティが高いなと。
これ、カラオケでシャウトしたいけど、一人じゃ?だし、1オクターブ高いしw
一オクターブ低くしたら、ユッキーナ辺りが一緒にシャウトしてくれるかな??
でも、やっぱ高いな。。。

タイトルの「アイデンティティ」に関しては、また次回に触れよかなと思います。
by daynagadai | 2010-07-30 22:08 | ミスターK | Comments(2)

今日のながだい

昨日、『明日こそブログの更新しよう』と
思っていたら先にミスターKより『業務連絡』がありましたね
そうですよね。。。。かなりほってけぼりになっていましたから。...... ( 〃..)ノ ハンセイ


朝の『歌・体操』をしていたら、窓の外で車の中から手を振る女性2人???
誰だ???
勘違い??? とよくよく見たら前職場のケアマネでびっくりです。

仕事中で、きちんとした挨拶も出来なかったので後で電話をしたら、『近くまで来たので顔みていこうと思って』
とのことでした。うれしいですね。

どうやら7月新規オープンの居宅介護事業所で働くとのことです。
利用者さんはまだ0人と聞いて、『ながだい』が始まったときの事を思い出しました。
ながだいも、もう少しで1年経ちますが、今は空きがない状態にまでなりました。(^人^)感謝♪

なので、その新規オープンのところも頑張ってほしいと思います。(*'ー'*)

あっ!!今日はミスターKこと所長の息子さんがお昼よりながだいに来て、いろいろお手伝いしてくれました。

レクリエーションの進行をしながらゲームに参加→結果→優勝です。空気読めと言われてましたが・・(笑)
やっぱ利用者さんも自然と顔が笑顔になっておりまして、お話を伺うと『自分の息子もこのくらいの時はやんちゃだった』 などいろいろ思い出されたようです。いつもより盛り上がりました。

今日は楽しかったとおっしゃってました。いつもとは違う一日で利用者さんも新鮮だったのでしょう。
by daynagadai | 2010-07-29 20:50 | Comments(0)

no rain no rainbow

c0205393_19202665.jpg


先程「虹」が出てるよと、有難いご忠告が。
で、事務所の窓からのぞくと鮮明ではありませんが、ピンクが濃い「虹」。
でも、もうすぐ消えそうでちょっと残念。

画像でわかります?


c0205393_19204794.jpg



こちらは虹の下がほぼ消え、その上に残った虹。

わかります?

c0205393_19212214.jpg

あ、そろそろ消える・・・。

本日函館はかなりの大雨。
ですが、雨の後には・・・。




なんだか癒されます。
by daynagadai | 2010-07-29 19:21 | ミスターK | Comments(0)

今日の巨人のサヨナラ勝ちは価値がある。

まだこれから山場はたくさんあるので、今日の勝ち負けが全てではないけど。。。
ただ一番いやなのは、ピッチャーがビビって四球を出したりすることで、後半出てきたリリーフ陣。
越智、クルーン、山口は逃げずに攻めて、中日のクリーンアップを抑えた。
これは中期的なスパンで見ても大きい。


そして、その結果、坂本のサヨナラ3ラン!!
やはり「持ってる」やつは違う!!
今日決めるなら、坂本か亀井だと思ってたけど、坂本、さすが「持ってる!!」


ということで、明日は4時起きで朝野球。
天気が微妙だけど、そろそろ寝ますわ(笑)。


おやすみなさい。
by daynagadai | 2010-07-28 22:37 | ミスターK | Comments(0)

業務連絡です

う~ん、なかなか更新頻度が上がりませんな^^;


難しく考えすぎず、今日あった事やそれに対し感じた事を。
普段からのデイの様子をブログを通じてもっと伝えれる記事が欲しいところですね。



頼みますわ~。
by daynagadai | 2010-07-28 18:14 | ミスターK | Comments(0)

c0205393_11194453.jpg



今日7月20日は私の会社が設立した日でして、私にとっては大きな記念日。
そう、本当の意味での「独立記念日」です。

5年前の今日、会社を設立しそして次のステップである居宅介護支援事業所、
それからデイサービスの開業を目指していたわけですが、当時資本も大きなバック
もなく、理想と夢(妄想?)だけでの独立。
今考えても青くさい自分が恥ずかしいような、懐かしいような不思議な気持ち
がします。
この青臭い自分に親身になって相談に乗ってくださった行政書士の北村さん、
そして開業時に融資をしてくださったみちのく銀行さんに、心から感謝です。
それがなければ、今はありませんので。


この5年間、ホンと色々なことがあり過ぎまして(苦笑)、私自身のみならず
スタッフや家族など、周囲にもたくさんの苦労をかけましたね。
多分に私の不徳のいたすところな訳ですが、色々な経験をしまして少しは人間的
に成長できたのかなとは思っています。
ですが、人生は常に勉強の連続。まだまだ私自身成長途上ですので、皆様のご指導、
ご鞭撻のほど今後もよろしくお願いいたします。


とはいいながら5年が経ったといえど一区切りつくわけではなく、今日そして明日からも
常に世の中は動き続け、そして私たちも動き続けていくわけです。

ということで、

「自分の家族を通わせたいデイサービス」

を目標に今後もスタッフともども精進していかなければと改めて強く感じた次第です。


そして、2・3年後を見据え、もうワンステップ階段を昇りたいなと。



今日は好物のレバ刺しと命水で静かに乾杯です。
by daynagadai | 2010-07-20 12:25 | ミスターK | Comments(0)

勝者のメンタリティー

c0205393_11292734.jpg


ついにワールドカップが終了しましたね。
結果はスペインが初優勝となりました。私ももちろん3時過ぎには起きて
リアルタイムで見ましたよ。
まぁ、試合内容自体はイエローカードも多く出ていましたし、退場者も出て
荒れた試合というか、なんというか。オランダのロッペンは別として、他の
選手はダイブ(ファウルを受けたときに大げさに倒れる)が多かった気も
します。

それはともかく、これまでメンタル部分の弱さを指摘されていたスペインが
優勝したわけですが、中継で解説していた山本昌邦氏が盛んに言っていた言葉が
この記事のタイトル「勝者のメンタリティー」でして。

これは主にスペイン代表のシャビ選手に対してのものなのですが、シャビ自身
U-20ワールドカップユース大会で優勝。そしてシドニー五輪(U-23)では
銀メダル。そして2008年欧州選手権(W杯に次ぐ大きな大会)では優勝と、
常に世界規模の大会で優勝を争う経験、しかもそのうち二回は勝利していた。
その経験の中でシャビは「勝者のメンタリティー」を持っているということを
山本氏は言いたかったわけですね(中継中に10回以上は言っていたと思います)。

また、シャビは2005年に右膝十字前靭帯断裂という大怪我も経験していますが、
当初の全治6ヶ月という診断より2ヶ月も早く復帰。その過程での手術、
そしてリハビリに関して、担当医師も同僚もシャビの強靭な精神力を称賛していたとの事。

結果、スペインは優勝。荒れた試合の中でもやはりシャビは冷静沈着なプレーで
チームを引っ張り、そしてコントロールしていたと思います。


●メンタリティーとは
  意味:心理状態、心的傾向 (類語)精神 


では「勝者のメンタリティー」とは何を言うのでしょうか?

・自分(達)に対する自信
・苦しいときでも我慢できる忍耐力。
・自分を見失わない冷静さ。
・いざというときにはリスクを冒してでもチャレンジする勇気。

大きく言うとこうしたところでしょうか。
ですが、これ以外にも経験等から得た微妙な駆け引きであったり、勝負の流れを
読む力であったり、言葉に出来ない部分でのメンタリティーがあると思います。




ちなみに今月のベルエキップの目標はオシム監督の言葉。


メンタリティーというものは、勝った、負けたで落ちたり上がっていくようじゃダメ。
自分がずっと暮らしていく、毎日戦っていく中で、いつも持ち続けていなければいけない。



この言葉に関して私なりに訳しますと。

私たちは一つ一つの出来事に一喜一憂します。
しかし、その事だけに振り回されてはいけない。
生きていく中で、仕事においてもプライベートにおいても強く生きていかなければいけない。
いや、強く生きていこうとしなければいけない。



それが「勝者のメンタリティー」に近づく第一歩。
と、改めて自分にも言い聞かせる。
by daynagadai | 2010-07-15 12:46 | ミスターK | Comments(0)

函館競馬観戦ツアー

c0205393_1751998.jpg



え~、日曜日に職員と一緒にリニューアルした函館競馬場へ遊びに行ってまいりました。
私や鮎、そしてK君も含め、総勢6名での競馬場参戦。

普段から本格的に競馬をたしなんでいるのは私とAさんの二人ぐらいで、他の人は
まるっきり初めてとか、普段はほとんどやらないとかいう人ばかり。

前日に私が買いだしに行き「命水」他飲み物やつまみを用意。
当日朝にはでかいクーラーボックスに「命水」を積み込み、いざ出陣。。。
と、出陣する前にみんなには私が作った「競馬を楽しむ6か条」を伝授。
(この時点で数名引いてた感もありますが、この辺は私の自己満企画でw)
まぁ、なんでもなんとなくやるよりもそれなりにテーマを持ったほうがいいでしょうし、
真面目にみんなに楽しんで欲しいという気持ちも強かったのでね。

10時20分頃ごろ競馬場に着くと、さすがに開催中とあって早くも混み合っています。
ゴール前に程なく近い場所へござを敷き、私だけは早くも「命水」を補給。
適度に暑い日で、クーラーボックス内は冷え冷え、「命水、ウマー」。

職員たちはパドックへ行き、早速1Rに出走する馬を見ています。
私は「命水」補給中なのでパドックはご遠慮しまして、本場場での返し馬をチェック。
そうこうしているうちに1Rがスタート。
およそ一分後にI主任が見事的中したことが判明。しかも、馬単、ワイドと複数的中!!
おのずと配当が気になります。

数分後、見事馬単は8千円台の高配当。で、I主任は一気に二万近い配当をゲト。

「I主任、ゴチになりま~す♪」

と当然の流れ(?)になり、I主任のおごりでフランクフルト、焼き鳥を。

「ウマ~(^0^)」

その後私も3R、4Rと単勝をゲト!!

私とI主任以外はなかなか的中が出ません

私も、あーだこーだとつぶやいてヒントを出すのですが、生かされているのか?
はたまたみんな聞いてねーのか(苦笑)、当たりません。
結構的確なジャッジをしてたことが多かったはずだと思いますが。

ベルエキップ・K君にいたっては、数日前までは「●十万馬券を当てますよ!!」と
豪語してましたが、結果はあえなく撃沈。
「K君のいいとこ見たいな~(笑)」とハッパをかけるも、的中ならず。
K君「マジ、当たる気しないッス。。。」
K君の顔からは笑顔が消えてましたね(笑)。そのK君は所用で途中帰宅。
今のところK君は「もってねーなー」との評価に固定しつつあります。
是非、リベンジを。


そうこうしているうちに函館のメインも終了し、4R以降は誰も的中なし。
私もこのままじゃ帰れんと今日始めて福島競馬場「七夕賞」の馬券を検討。
昨日の段階で買うなら「ドモナラズ」と思ってまして、ドモナラズの単勝を購入する
ことにしましたが、それを聞いたI主任が「それに乗ります」と乗ってきまして。
でも、まさかホンとに買ってるとはこの時は思わず。

するとするとドモナラズが見事に最後方から追い込み、私の「差せ!!差せ!!差せ!!」
の叱咤と風車鞭(ウソ)に応え、わずかに差し切り見事1着。

喜ぶI主任と私。馬券を見せてもらうと、私が300円しか買って無いのに、I主任は500円買って
ました(笑)。結果、I主任はほぼ一万円をゲト。

「よく買ってたね」と私。
「付いていくって言ったじゃないですか。だって、前にうちの母が・・・(長くなるので略)w」とI主任。

実を言うとI主任は今月一杯で退職が決まっておりまして。。。
「馬券は付いてこれて、仕事は付いてこれねーのかよ」
と、心の中でちょっと突っ込んでやりました(笑)、心の狭い私です(爆)。

ということで、I主任からは「生・命水」「米犬」もゴチになり、それなりに馬券も当たった私は
満足、満足で楽しいひと時を過ごさせていただきました。

ですが、当たらなかった4人がなんとも気の毒でして。
やっぱ一つぐらいは当てて欲しかったですからね~。
初心者である鮎も一生懸命買ってるんですけど、かすれど当たらず。。。

まぁ、でもたまに職場の人たちで、こうした遊びというのもいいんじゃないでしょうか?
青い空、緑のじゅうたん、そして少しだけ残る鉄火場の雰囲気。。。
やはり競馬場には人生の全て(未来を予想する。後悔。歓喜。そして自分との戦い)が
凝縮されてると思うのですよね~。



是非、また皆で行ってみたいなと思う私でした。


注:イメージ画像と本文は特に関係有りません。
by daynagadai | 2010-07-13 17:37 | ミスターK | Comments(0)

時代の変化

恥ずかしながら「Morning Glory」が「朝顔」だとは知りませんでした。
K君のお陰で、また一つ勉強できました。
さすが、「未完の大器」「次世代のエース」。

そのK君のネタに関連しまして。
私も元はというと「キャプつば(キャプテン翼)世代」でして、小学生のときから、
野球とサッカーが大好きでした。
W杯も1986年のメキシコ大会から見てたりしたわけですが、そのメキシコ大会の
アジア予選で日本はW杯初出場の最大のチャンスを迎えます。
最終予選で韓国を迎えたホームの国立競技場。
韓国に2点リードされ、観客も諦めかけたときに、木村和司のFK(伝説のFK)が直接
決まったものの、結局2対1で負け。続くアウェーでの韓国戦も1対0で負け、本選
出場は果たせませんでした。

「メキシコの青い空」でググると当時の動画も見れますが、木村和司のフリーキックが
入った瞬間の国立競技場の雰囲気が今でもゾクっときます。
それだけW杯は遠い存在だった、国民もそれを十分理解しているからこそ、
あの雰囲気になったんでしょう。
今でもW杯があると、このシーンが思い出され、なんだかノスタルジック。

ということで、私にとっての日本代表の「10番」はいつまでたっても木村和司なんですね。


で、時代は変わって日本代表はベスト16進出。今ではW杯本選に出るのも当たり前の
ように捉えている若い方も多いと思いますが、時代は変わったんですね。。。

それともう一つ、時代の変化を感じるのは今回の決勝戦のカード。


「スペイン対オランダ」


どちらが優勝してもW杯初優勝。

ですが、どちらも欧州選手権では優勝経験があります。
この2チーム。w杯に関しては万年優勝候補という感じで、前評判は高くても結局は
ベスト8で敗退。みたいなイメージでした。
特にスペインの場合は「良く言えばおおらか、悪く言えばいい加減。」という国民性が
多分に影響していたと思われます。聞く話によると、スペインの電車は予定の時刻より
早く駅に着いた場合、時には発車予定時刻の前に発車するのだとか。
日本では遅れることはあっても、早く出ることはまずありえないのですが、そこがスペイン
の国民性を如実に現わしていると思います。

逆にドイツ人は勤勉な国民性といわれますので、ドイツは本選になると強かったりします。
「ゲルマン魂」と言われるように、メンタルな部分が強いと言うことですね。

ですので、準決勝もドイツが勝つだろうと思っていたのですが、スペインが勝利。
しかもスペインは最後まで集中が切れずに戦っていましたよね。
この辺は二年前の欧州選手権での優勝の経験が大きいのかなと思いますが、いずれに
しても人は変われるというか、変わるというか。そういうことなんでしょう。
 
最後はこれまで優勝経験があるブラジル、ドイツ、アルゼンチンあたりが優勝するだろうと
思っていただけに、ホント驚きです。

「環境が人を作る」とはよく言いますが、やはり人って多面性があって、たくさんの可能性が
あるということなんだと思います。血液型だけで性格や行動は決まらんのですよ。

ね、Fさん(笑)。


常に時代(物事)は変化する。それは「諸行無常」。
今回のW杯決勝戦で、私はそれをさらに痛感することとなるでしょう。
by daynagadai | 2010-07-09 17:45 | ミスターK | Comments(0)

morning glory

c0205393_8184529.jpg

皆さんおはようございます☆ベルエキップのKです。

いやータイトルと画像にもあるように彼ら酷い位生えてくるんすよワラ。

流石は小学生でも育てられる植物……とにかく強い……。

まぁグラジオラスやじゃがいも達なんかも順調なんですがね


少し前までは自分が植物育ててるの信じられなかったんですが記憶を遡ってみると小学1年の時に実は植物を育てるというファーストコンタクトを果たしていました。

入学してあれは間もなかったんですがクラスの係を決める時に

先生「じゃあ次に花係やりたい人いますか?」

K「はーい」

………そうこの簡単なやり取りから花係になりましたよワラ。

何故かその当時の僕は花係って楽しそうとか思ってましたワラ。

ところがいざ花に水をあげようと花壇に向かうとそこには女の子しかいなく男は僕一人………えぇ………激しく後悔しましたよ………小学校にはこんな洗礼があるのかとも思いましたワラ。

とまぁその時に育てていたのが他でもない朝顔だったんですよ。

なので朝顔見るたびにこの忌ま忌ましい記憶を呼び起こされますワラ。

まぁ話まとめちゃうと庭に朝顔いっぱいありますよって事ですね……はい……。

少し話は変わりますがWCも遂に決勝のカードが出揃いましたね。

スペインVSオランダどっちが勝っても初優勝なんですよ。

サッカーファンからしたら非常に楽しみであり興味深い。

日本は残念ながら負けてしまいました。

スポーツは結果が全てだと思っていた自分ですが今回のWCで「勝者は栄光を手にし、敗者は誇りを手にする」という野球の恩師の言葉を思い出しました。

ってかヨーロッパの方はすごいですよ…サッカーの事で大統領とか出てきますからねワラ。

ドイツではバーでドイツ人とイタリア人がサッカーで論争し熱くなりすぎて射殺事件が起こったらしいですからね………日本じゃまず考えられないです。

とまぁかなり脱線してしまった今回ですがまたmy sonに変化がありましたらご報告致します〜☆
by daynagadai | 2010-07-08 08:18 | Comments(0)