ドライブ日和

今週の函館は暖かくて過ごしやすかったです。

c0205393_1365771.jpg


ながだいでは、入院中の方やショートステイの方など
事情でいつもの半分以下のご利用人数だったため

ちょっと函館市内のドライブにいってきましたよ(^◇^)

c0205393_137888.jpg

    (ベルエキップから車を拝借 ☆)

ドライブコースは

・湯の川温泉街~啄木小公園~金森倉庫群~旧函館区公会堂~ともえ大橋~五稜郭公園

・ともえ大橋~金森倉庫群~高龍寺~外人墓地~旧函館区公会堂~ハリストス正教会
 ~五稜郭公園

と、西部地区中心に回ってきました

c0205393_1444030.jpg

    (旧函館区公会堂)

函館のこの地区は 太刀川家など歴史のある建物が多いため
みなさんとても喜んでくださっていました

c0205393_1452349.jpg

    (二十間坂)

私自身もプライベートでよく行きますが
利用者さんの方々のほうが建物にとても詳しく
色々教えて頂きながら見学できたので、とっても見応えがありました

c0205393_1462984.jpg
c0205393_1463552.jpg
c0205393_1464240.jpg




来週から雪マークがでています。
とうとう本格的な冬のはじまり。
[PR]
by daynagadai | 2010-11-27 01:48 | Comments(0)

明日は休みを頂いた為、今日は少し夜更かししてブログ更新です。('-'*)


月曜~金曜まで毎日利用なさっている利用者さんが、ご家族の都合で

今週はショートステイの利用が3日間ありデイをお休みしております。

冗談のお好きなユーモアたっぷりの利用者さんで、休んでいる日も必ずと言っていいほど

他利用者さん同士の会話のなかに名前が出てきます。(笑)


今日も、「○○さんがいないと寂しいなぁ~」と話されていました。

もちろん私達もです。。。。

慣れない環境で寝泊りするのは精神的にも参りますね。。。。

「今ちゃんと眠れているのかなぁ~」とか思ったりもします。。。

来週月曜日は久々の再会ですヽ(*^^*)ノ 

笑って会えたらいいなぁと思います。

そしてお誕生日なので誕生会を予定してます。

お祝いですね(*^▽^*) 



 
[PR]
by daynagadai | 2010-11-26 01:31 | Comments(0)

地域貢献

昨日の朝。函館は6時現在の気温がマイナス2・3℃と冷え込んだわけですが、
うちのデイのスタッフは頑張ってまいりましたよ~。

というのも朝8時から「ゴミ拾い」をしてきました~。
実施したのはベルエキップ、ながだい近辺の道路、歩道を中心に。

この仕事を始めたときから、なんらかの形で「地域貢献」をしたいとは考えていた
のですが、私の行動力の無さもあってなかなか実現に至らず。
今回、スタッフには自主性を持ってボランティアの形で手伝ってもらいました。

もちろんデイのPR活動の側面もあるわけでして、それでジャンパー作成となった
わけでございます。


で、ゴミなんですけど、やはり空き缶、そしてタバコが多かった印象。
中には洗濯用洗剤の箱の蓋とか、不思議なものも含まれてましたね(苦笑)。
今後も月2回ぐらいのペースで実施していきたいと考えてます。

c0205393_10393265.jpg

c0205393_10405557.jpg

こちらはながだいスタッフ。真ん中はブログ初登場(?)の看護師Yさんです。
ユッキーナと鮎がポーズをとっている間で、少し困惑気味な所がまた素敵(笑)。

ベルエキップもK君に写メ頼んでたんですが、撮れなかったようで・・・残念!!
[PR]
by daynagadai | 2010-11-25 11:25 | ミスターK | Comments(0)

作りました~

c0205393_1342457.jpg



ようやく我が社も小銭が溜まるようになりまして(笑)、ジャンパーを作ってみました。

まずは「ながだい」から。

モデルは鮎です。
c0205393_1375967.jpg

c0205393_13203058.jpg

ながだいのイメージカラーである、グリーンとイエローで。




続きましては「ベルエキップ」

モデルは「未完の大器」、「次世代のエース」のK君。
c0205393_13104245.jpg

c0205393_13105765.jpg


こちらは私の大好きなジャイアンツカラーです(笑)。

あ、そうそう。だからそのへアピンとベルトやめろって~^^;
私の監督不行き届きです。スイマセン。。。


さて、今回ジャンパーを作ったのには大きな理由がありまして。
それに関してはまた近々。
[PR]
by daynagadai | 2010-11-22 13:21 | ミスターK | Comments(0)

今月のおやつレク ②

1週間に2回、それ以上ご利用される方がたも
いらっしゃることですので

他の曜日で「ホットケーキ on  アイス」も作りました。

個人的に

冬のアイスって好きです。

寒いとかいいながらアイスを食べる、という行為。

なんだか、余裕が感じられて、好きです。 笑

(すみません)

ということで
話を戻します。


c0205393_20574119.jpg

c0205393_2058181.jpg


スタッフより手際のいい様子

さすがですね

まるでお姑さんとその嫁のようです 笑

c0205393_20585786.jpg


ホットケーキの甘~い香りが
ながだい中に広まります。

c0205393_20593382.jpg


焼きあがったホットケーキに
バニラアイスとチョコをトッピング。

餡とバニラアイスをトッピングした方もいらっしゃいました

おしゃれですね~!!
[PR]
by daynagadai | 2010-11-21 21:01 | Comments(0)

今月のおやつレク☆

2カ月に1度のおやつレク

今月は「よもぎ餅」に挑戦しました☆

c0205393_20483724.jpg


レンジが登場するわけですね
便利な世の中です

c0205393_2049769.jpg
c0205393_20491317.jpg


固くなった生地?をこねていくので
皆さんで協力しあって作業してくれました

よもぎの香りがとってもいい~☆★

c0205393_20502298.jpg

餡はつぶあん、こしあんの2種類を用意。
小分けにして
餡を包んだら出来上がり☆

c0205393_20513078.jpg


よもぎの苦手な方は
きなこ餅をどうぞ~!!


とってもおいしいと大好評でした!
[PR]
by daynagadai | 2010-11-21 20:53 | Comments(0)

more better

c0205393_1175335.jpg


介護五輪:出雲で初の開催 5部門に60人技競う /島根
 
介護の日の11日、介護現場で働く人々が技能を披露する「第1回オールジャパンケア
コンテスト」(介護五輪)が出雲市今市町北本町3の出雲体育館であった。認知症や食事
など計5部門に、13都道府県から介護福祉士や看護師ら約60人が参加。それぞれ
日ごろの介護方法を実演し、知識や技能を深めた。
 NPO法人「なごみの里」が主催。看護師や医師、介護施設職員ら、介護分野の専門家
14人がアドバイザーを務めた。
 参加者は▽認知症▽食事▽入浴▽排せつ▽ターミナルケア--の5分野に分かれ、
各課題に取り組んだ。排せつ部門では、まひがあるという設定のモデルに参加者が「寒く
ないですか」「立てますか」などと頻繁に声をかけながら介護を実演。終了後にアドバイザー
から助言を受けた。
 大分県佐伯市のケアワーカー、神野陽一さん(21)は「自分のやっていることを見直す
きっかけとなった」。アドバイザーを務めた埼玉県立大保健医療福祉学部の山下美根子
教授は「より有意義な方法を一緒に考える場となった。今後も仲間と知識や技法を共有
していってほしい」と話していた。
(11月12日付け島根・毎日新聞より引用)


こんな大会があったとは全然知らなかったわけですが、介護技術の向上のための一つの
きっかけとしては、決して悪いことではないと思います。
そもそも11月11日は「介護の日」だそうで(苦笑)。
そして、この大会において審査の結果、各分野で優秀な評価の方には金メダルが贈られた
そうです。
私個人として気になるのはその「審査」「評価」がどういう観点で行われたんだろうな~?
そして、アドバイザーの助言もどんなものだったんだろう?という点でして。

そもそも介護の仕事は事務職や技術職などと違って、ただテキパキとロスなく
上手に出来れば良いというものではないですよね。
なぜなら当然「相手(利用者)」があるわけですから。

例えば、いくらおむつ交換が手早く出来ても、声がけもせずやっていたのでは
それは良い介護とはいえないでしょう。
良い介護をするためには技術のみならず、

介護を受けている側がどう感じているのか?
利用者に対し、精神的苦痛を与えていないだろうか?
苦痛を与えないためにどういう関わりをするべきなのか?

といった表に出ない部分も重要になってきますよね。
という事で、そうした視点も含めての審査、評価だったのかが気になりますし、
ある意味そういう部分を第三者が評価するのも難しいだろうな~とも思うわけ
です。


私たちの仕事に対する評価をするのは利用者さんですからね、基本的に。


介護者側(事業所側)だけの都合で、利用者さんに負担をかけることはしては
いけないと改めて感じた次第。

とは言いながらも、必ずしも利用者さんの「ニーズ」と「要望」がマッチしない
ことも事実。そこでどう折り合いをつけ、よりベターな関わりを持てるのか?
常に悩む部分ではありますね~。



久々に(笑)今日の一曲。

「Night and day」というと、今年はトム・クルーズをイメージしますが、私としてはやはり
昔からのミュージカルを起点とした「Night and day」が捨てがたく。
ジャズなんかでも星の数ほどカバーされていますが、ちょっと珍しい「Night and day」を。
SIBERIAN NEWSPAPER というインストバンドのライブ映像です。
ちなみに間奏で入ってくる不思議な楽器は、オーストラリアの先住民アボリジニ族が使う
木管楽器の「ディジュリドゥ」です。

時にはこんな素晴らしいライブで癒されたいもの。。。


SIBERIAN NEWSPAPER 「Night and day」
[PR]
by daynagadai | 2010-11-19 12:35 | ミスターK | Comments(2)

職場体験☆

函館にある中学校より4名
本日ながだいにて職場体験がありました

中学2年生。
かわいかったなぁ。
もう私はおばちゃんなんだな、と改め実感。笑

c0205393_23483741.jpg


ながだいのスタッフ以外の人がくると
新しい空気が入って
なんだか新鮮でいいですね!(^◇^)

途中では急きょ
校歌を歌ってもらいました

利用者様の中には
涙を流して喜んでくださっていました

最後の質問では
・なんでこの仕事を選んだのですか
・デイサービスではどのようなことをするんですか
・利用者の方々が一番楽しいことは何ですか
・この仕事で一番心がけていることは何ですか

という内容がありました。
とても素朴で、率直で、純粋な質問に
ちょっと愛おしくなりました。
(おばちゃんですね)

みなさんはどうお答えしますか(*^_^*)
[PR]
by daynagadai | 2010-11-10 23:55 | Comments(2)

ながだいカップと銀次郎

今週のレクリエーションは、『第3回ながだいカップ・・ストラックアウト』と題して
曜日別に上位3名の点数の合計点で競い合うゲームでした。

今回の優勝は水曜日(*'ー'*)素晴らしい結果となりました。

c0205393_0332584.jpg


c0205393_034044.jpg


木曜日は惜しかったです。。。。あともう少しでした。

曜日対抗で競いあうと、利用者さん同士が「みんなで頑張ろう」という気持ちになり
ひとつにまとまります。  見ていて気持ちのいいものです。(^o^)

「ながだいカップ」は定期的に続けて行きたいと思います。


そしてこちらは・・・・・

c0205393_0464188.jpg


c0205393_04758.jpg


カタツムリです。

ながだいの玄関前にいたのをミスターKが見つけたそうです。
そしてこのようになってます。利用者さんもめったに間地かで見ることはないと話される方もいました。

私も道端にいてもカタツムリ!!と思うだけでじっくりは見たことはないです。

このようなことひとつで、利用者さんとの会話もひろがります。



そして名前は「銀次郎」です!!(笑)(*^^*)


私も、昆虫は苦手なのですが、この源次郎がきてから4日が経ち、水やりなどしていたら
なんだか愛着がでてきたのか、今日は、絶対に触れることすらできない昆虫の糞の掃除もできました(^0^)

手袋はしてましたが・・・・(笑)

カタツムリは動きもゆっくりで安心です!!


そしてユッキーナが朝の挨拶でカタツムリのネバネバが美容に良いと話していました。
化粧品になり、既に韓国では商品化されているそうです。

ながだいの銀次郎は今どうしているのでしょう???(笑)
[PR]
by daynagadai | 2010-11-06 01:30 | Comments(0)

お泊りデイ?

本日の北海道新聞朝刊に「お泊りデイサービス」についての記事が。

これは次期介護報酬改正の目玉の一つになると見られているもので、
デイサービス利用者が、必要に応じ通っているデイサービスセンターで
宿泊できるというもの。

現在も介護保険外の横だしサービスで実施している事業所もあります。
それを介護保険適応にするというのですが、これにはいささか疑問を感じます。

まずは「通い」「泊まる」という役割を果たすべく物は既にありまして。
それは平成18年から実施されている「小規模多機能居宅介護」です。
小規模多機能は「通い」「泊まる」「訪問する」の機能を持つサービスで、一つの
事業所で利用者に対し包括的なサービスを提供できるもの。

国、厚労省が小規模多機能をどう評価した結果「お泊りデイ」なのか?
明らかに機能としては重複するわけですから、このままだと「小規模多機能」は
機能していないといっているようなもんです。
小規模多機能を運営している関係者はどう感じてるんでしょうね?

もう一つは設備基準、人員基準の問題。
「泊まる」ということになると当然この問題が出てきます。
今日の新聞の記事によると札幌のある事業所は泊まりの定員を5名。それに対し
宿直の職員を一人配置。それに対して料金は一泊2000円と夕食代400円との事。
う~ん、もし利用者が複数名いて火事等災害があった場合。若しくは一人の方が
急変した場合、一人では対応し切れない可能性が高いと思います。
やはり宿直は2名以上が必要だと思うわけです。一人は必要な連絡先の対応。
そして一人は利用者への対応。これは同時に進行するべき物ですから一人では
かなり厳しい。まして「お泊りデイ」の利用者は普通に考えると介護度が高い可能性
が高いわけですよね。
ですが、事業で考えると2名宿直に対する人件費は結構大きい。
2名配置だと上記の料金では完全に赤字ですね。

それから設備の問題。
これはこれから議論されるんでしょうが、これまでグループホームでの悲惨な火災
事故が数件発生し、そのたびに「防火対策(特にスプリンクラー)」の問題が指摘され
ています。
その流れを考える中で「お泊りデイ」だけが要件が緩和されるとは考えがたいし、する
べきでも無いと思うわけです。
かといって、そうした防火に関する設備投資に対し、報酬が十分な訳もまずないでしょう。

ということで、「お泊りデイ」を介護保険適応にする必然性が私には感じられません。


次期介護報酬改正に関しては利用者の自己負担割合を一割~二割に増やすとか、
これまで自己負担がなかった「ケアプラン作成」に関しても自己負担させるとか、
それから訪問介護の生活援助を介護保険外にするなどと、結局は給付抑制の話
ばかりです。半年前には「介護は慢性的に人手不足」「低賃金で働かされている」と
世論をにぎわしていましたが、今は「??」。


民主党が政権をとってから「医療・福祉」にもっと力を入れてくれると思っていたのが
甘かったなと感じてます。

まあ、自民党(特に小泉政権)が酷すぎたので、ついつい期待してしまったわけですが。



と、なんだか先の暗い話ばかりですが、昨日鮎が研修会で学んだストレッチを利用者さんと
やってました。他にも「腹圧」「腹筋」もやれないかね?と話してましたよ~。

どんどん、やってください。
[PR]
by daynagadai | 2010-11-04 11:48 | ミスターK | Comments(0)