c0205393_15025170.jpg


既にお知らせしています通り、本日をもちましてデイサービスセンターベルエキップは
休止となります。と言いましても、限りなく廃止に近い休止でございます。
(画像は旧ベルエキップの庭で毎年咲いていた梅です)


思えば平成17年11月に当時函館では初の民家を使用した少人数のデイサービスとして開設。
今ではすっかりメジャーになりましたが、当時はまだあまり知られていない炭酸泉を使用し
ての入浴。そして学習療法もいち早く取り入れたりもしておりました。

今思えばちょっと時代の先を行き過ぎたような気もしますが(笑)、今日まで約11年と3カ月。
ご利用者様ご家族様を始め、関係機関の皆様、そしてベルエキップで働いてくれた皆様。
これまで本当に有難うございました。この場を借りて改めて心から感謝申し上げます。



「ベルエキップ」という名前は良く私も聞かれますがフランス語で「気の合う仲間」や
「素晴らしき仲間」といった意味になります。

この名前にしたのは大好きだったドラマ「王様のレストラン」の舞台になるフランス料理
のお店が「LA BELLE EQUIPE 」だったから。

ドラマの中で松本幸四郎演じる伝説のギャルソン・千石さんに憧れ、そしてドラマとしても
三谷幸喜の脚本が素晴らしく、森本レオのナレーションも味わい深いこのドラマが大好き
でした。

そういえば、私が独立前にお世話になっていた職場で退職間近の頃、職場の仲間に「なんて
名前がいいかな?」と聞くと「工藤さん家がいいんじゃない?」とかいう人もいたような
気が(笑)


資本もまるでなく、頼れるバックもまるでない状況での開業。
その頃若かった自分は「理想」「方向性」は絶対間違ってない。絶対結果はついてくると
漠然と信じていました。


でも、世の中そんなに甘くない(苦笑)


利用者さんもなかなか思うようには増えませんでしたし、軌道に乗るには半年以上掛かり
ました。開設当初はスタッフも定着しませんでしたし、ゴタゴタもありましたね~^^;

その後も様々な紆余曲折はありましたが、なんとかここまでやって来れました。

悩みや苦労は常に絶えませんでしたが、ベルエキップでの経験は「ダメダメ」な私を少し
成長させてくれたと思います。


その「ベル・エキップ」が今日でなくなります。


今でも時々思い出します。


開業前に行政書士さんのところに通った時の事。


先に居宅を始め、パソコンと机とコピー機しかない部屋(事務所)で銀行からの融資の
返事をドキドキしながら待っていた事。


初めての利用者さんが来てくれた時の事。



嬉しい事もしんどい事もたくさんでしたが、それも今思えばいい思い出かもしれません。



とはいえ、感傷に浸っている場合でもありません。
明日からは「NEWながだい」になります。



ながだいでも利用者様、スタッフ全員で作っていきたいと思います。


LA BELLE EQUIPE


素晴らしき仲間。











[PR]
by daynagadai | 2017-01-31 19:39 | ミスターK | Comments(0)

フェデラー復活Vに思う

 
c0205393_19254493.jpg

今日は個人的な記念日であります。

しかし、私にとってはもっと嬉しい出来事が昨日ありました!!
私が愛してやまないロジャー・フェデラーが5年ぶりにグランドスラムで優勝したのです!!
既に35歳で肉体的には下り坂に差し掛かるのが普通。しかもトッププロであれば尚更厳しい。

しかし、フェデラーは昨年後半を怪我で棒に振っても治療に専念し、今年また帰って来ました。
ですが、全豪オープンの前哨戦を見る限りは「やはり厳しいな・・・」というのが率直な感想。

しかし、いざ本番に入るや「さすがフェデラー」。
4回戦で錦織選手にフルセットで勝利。そして準決勝もフルセットで勝利とまるで全盛期のよう。
そして昨日の決勝はフェデラーが苦手とする「天敵」ナダル。

流れが両者に行ったり来たりするシーソーゲーム。
でも、最終セットの第一ゲームでナダルにブレイクされた時には正直自分も「あー、やっぱりダメ
かも・・・」と少し諦めかけました。

でもいつもそうですが、周りは諦めかけてもフェデラーは諦めてないんですよ。
そこから一気に挽回し、ついにチャンピォンシップポイント!!
最後のショットがウィナーになった瞬間、自分も大声で喜び、そして自然に涙が溢れて来てしまい
ました。

良かった、本当に良かった。

2012年のウィンブルドン優勝から、グランドスラムで準決勝、決勝へは度々進むも優勝は
成らず。私もフェデラーの悔しい顔を見る事が多かっただけに本当に嬉しい。


そういえば、先日担当者会議に行った際に96歳のご利用者様がこう仰っていました。

「人というのは生まれ変わりで生かされる。長く生かされるのは、前世で出来なかったことを
出来るようにさせてくれる事と、もっと修行をさせる為なんだ」


年を重ねても人間死ぬまで常に修行。

それはつまり死ぬまで「成長」出来るという事。


フェデラーの復活とご利用者様のその言葉を噛みしめ、自分の記念日に更なる成長をしていか
ねばと強く思った次第です。


ロジャー、本当におめでとう!!
そして有難う!!




※追記
記念日という事で、ベルエキップとながだいのスタッフからプレゼントをもらいました。
みんな有難う。嬉しいです^^
c0205393_19561336.jpg


[PR]
by daynagadai | 2017-01-30 13:32 | ミスターK | Comments(0)

統合へ向けて

以前にブログでもお伝えしましたが、デイサービスセンターベルエキップは今月末で休止。
二月からはデイサービスセンターながだいと実質「統合」の形となります。

それに伴い、2月からは一日の定員が10名→12名に変更となります。
そして、営業日は日曜日が増えて日~土の営業。
その代わりに祝祭日がお休みとなりますので、よろしくお願いいたします。


という事でベルエキップのスタッフ、ご利用者様のほとんどがながだいへ「異動」となります。
それに向けて、既に二回全体ミーティングを実施し、ご利用者様の状況や業務マニュアルの確認、
見直しを行っております。今日も通常業務終了後に、ご利用者様の情報の整理や送迎の確認等を
行う予定です。

スタッフの配置についてはこれまでは多くて午前4名、午後3名をベースにしてきましたが、
2月からは午前は5名、午後も4名と増員し、より「手厚い」対応をしていきます!!


当面はどうしてもスタッフもご利用者様も戸惑う部分があるかもしれませんが、少しでも早く
ご利用者様にも落ち着いて過ごす事が出来るよう、スタッフ一同努力してまいりたいと思います。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。


それと連絡事項ですが、現在のベルエキップの電話(53)4060は使用出来なくなります。
今後は 

ながだい(87)0939 へお願いいたします。

そちらも併せてよろしくお願いいたします。


[PR]
by daynagadai | 2017-01-27 12:55 | ミスターK | Comments(0)

色々と思いだされます

ベルエキップを7年半以上ご利用していただいていたMさんが昨年お亡くなりに
なりました。

そこで、先日スタッフとともにお線香を上げさせていただきに行って参りました。
奥様とはご利用中のお話をしたり、おうちでもMさんはベルエキップの話をいつも
してくれただとか、色んな思い出話をさせていただきました。

Mさんはご利用中ほとんどお休みする事もなく通ってくださいました。
当初は「そんなところへは行かない!!」と頑なにデイサービスの利用を拒んでいた
Mさんでしたが、ベルエキップの体験利用の後はすんなりと正式利用が決定^^

いつもデイに着けばスタッフに「ハロー、ハロー♪」と挨拶をして下さいましたし、
高校時代のアルバムを持ってきてくださり、凛々しい写真を見せて下さった事も
ありましたね~。

そして奥様ともいつも仲睦まじく、デイのお花見にもご夫婦で何度か参加してください
ましたね。奥様からはスタッフや私宛に直筆のお手紙をいただく事もたくさんあって、
私達もそのお手紙に癒されたり元気づけられることもたくさんありました。


手前味噌ではありますが、奥様のお話を聞くとMさんにとってベルエキップは本当に
大きな存在であったんだと感じさせられました。

「病気があってもベルエキップがあったから亡くなる直前まで元気でいる事が出来た。」

奥様はそう仰ってくださいました。

でも、私達こそMさんご夫婦にたくさんの思い出と元気をいただきましたよ。



Mさん、去年は大好きなファイターズの日本一も見れましたね。
ベルエキップは今月で休止となってしまいますが、これからも奥様や私達を見守って
くださいね。

Mさん、そしてMさんの奥様。本当に有難うございました。

c0205393_18374571.jpg

[PR]
by daynagadai | 2017-01-12 18:39 | ミスターK | Comments(0)



例えば「年賀状」。
私であれば、日頃からお世話になっている人には元旦に届くようにして出します。
そして年賀状にも一言添えます。

しかし、現代社会では年賀状を出す人が減っています。
メールやライン等のツールがあるのも大きな原因でしょう。
ですが私はスタッフ(特に若いスタッフ)には「ちゃんと年賀状は出しなさいよ」と言っています。

しかし、ある人はこう言います。

「今は時代が違うから。」
「今の若い人は違うから。」


例えば飲み会の時。
私であれば飲み物が無くなっている人がいれば「何か飲みますか?」「ビールで良いですか?」と
聞き、注文します。空いているジョッキやコップ、お皿があれば下げようとします。

でも、それが出来ない(しようとしない?)人もいます。


私は「それも気配り、心配りで必要な事だよ」と言います。


しかし、ある人は言います。

「今は時代が違うから。」
「今の若い人は違うから。」


事あるごとに周りから言われます。

「今は時代が違うから。」
「今の若い人は違うから。」


もちろん時代は変わっています。

でも、昔から「不変」な事もあります。


お世話になっている人に対しての感謝の気持ち(お礼)。

周囲の人に対しての「謙虚」な姿勢。

困っている人へのちょっとした気配り。



世代や時代は変われども「人」と「人」ですので、誰でも謙虚な気持ちで
感謝されたり、気配り・心配りを受けると嬉しいですし、そうする事で自分
自身にもきっとプラスになって返ってくるはず。

そして、そうする事で人間関係も良くなり仕事もプライベートも充実して行く
のではないかと思います。

そう、「情けは人の為ならず」。


うちのスタッフには「気配り、心配り」が出来るようになって欲しい。
そして、それは絶対仕事にも活かされる。
普段から出来ない人が仕事の時だけ出来る訳もないと思うのであります。





昨年の仕事納めの日。
帰宅途中にある若いスタッフからラインが来ていました。

「今年一年本当にお世話になり有難うございました。
来年も更なる発展にて盛り上げて行けたらと思っております。
来年もよろしくお願いいたします。」


若い人も捨てたもんじゃないね^^








[PR]
by daynagadai | 2017-01-05 17:32 | ミスターK | Comments(0)

皆様新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ「デイサービスセンターベルエキップ・ながだい」。
そして「放課後等デイサービスあすも・あすも北浜」をどうぞよろしくお願いいたします。


さて、雪も少なく有難いお正月となっていますが、私はいつも通り実家の青森に帰省しました。
帰省時はいつもフェリーで片道3時間40分の長旅^^;
なもので、今年はゲオのレンタコミックを利用し、マンガ三昧での船旅です^^


c0205393_11594021.jpg

そこで今回は以前から読んでみたかった「聲(こえ)の形」(全七巻)を読んでみました。
内容としては聴覚障害を持つ女の子と、その女の子をいじめた男の子を中心にそれをとりまく人たちの
お話です。もう最初からいじめの場面を読むのがしんどくて、でも途中からちょっとホッとした感じに
なり、その後は不覚にも涙が出てきてしまってあっという間にラストへ。

恋愛ものという印象を持つ人もいるのかもしれませんがそうではなく、かといって「いじめ」に関する
ありきたりな漫画でもなく・・・。


一歩踏み出すことの難しさ。
コミュニケーションの難しさ。
そして漫画の中では綺麗事ではない、誰もが持つであろう気持ちを表す人間臭いセリフもたくさん出てきます。
そうした事も含めて、本当に素晴らしい作品だと感じました。

ちなみに「聲」は昔の「声」だったらしいのですが、この漢字を見ると「声」「耳」「手」
をイメージさせる漢字になってますので、やはり「コミュニケーション」というのは言葉
だけでは出来ないんだという事に気づかされますね。



「人って思った通りにはならけいけど、やった通りにはなる」


 
一歩踏み出すには勇気がいるけど、踏み出してみると違った景色が見えてくる。
一歩踏み出しちゃうと案外と「大したことじゃなかった」と思える事もある。


変わる事を恐れず、一歩踏み出してみたい。


新年を迎え、そう思わせてくれた「聲の形」でした。


皆さんも是非読んでみてくださいね♪




[PR]
by daynagadai | 2017-01-04 12:01 | ミスターK | Comments(0)