新・社会人

c0205393_12263957.jpg

今日の朝のワイドショーで「4月から社会人になった若者が既に辞めてしまった。」
というニュースを扱っていました。


何というか、「平和」だなと(苦笑)。
そもそもそういう方の多くは「働かなくても食べて行ける」環境なんでしょう。
それもおそらく「親」の稼いだお金で。


うちの会社でも3、4日働いた後で無断欠勤から退職・・・。
そうした方もいました。

その人たちの環境を考えると、やはり「お金」には「食べていく」には困ってないんだろうな~と。
だから辛い思いをする必要が無いというか、したくないというか。
それはそれで否定する物でもありませんが、やはり仕事というのも人生の中で自分を表現できる
大きな要素だと私は思うんですよね~。


そして、仕事の面白さを感じるにはやっぱり1、2週間では分からないと思うんですよ。
最初オリエンテーション受けて、色んな人と顔合わせして。
仕事の内容だって、もちろん最初から出来る訳でもなく。
そして職場の同僚がどんな人か、お互いに分からない中でしばらくは進むわけじゃないですか。

「良い仕事」「良い人」に巡り合いたいならもう少し我慢してみようよ。
悩みながらも失敗しながらも前向きに頑張れば、きっと誰かが助けてくれる。味方になってくれる。
そして助けてもらいながらも、一つ課題をクリアできれば大きな自信になるはず。



世の中そんなに捨てたもんじゃないよ。


と、微力ながらも若人にそう伝えたいわけであります。


さあ、やってみよう!!




[PR]
by daynagadai | 2017-04-10 12:27 | ミスターK | Comments(0)

内部研修会を行いました

最近はすっかり「あすも」のブログが中心で、やや放置気味ですみません^^;


さて、年度も変わり春らしくなって来ましたが、ながだいでは先日内部研修会を行いました。

c0205393_19324099.jpg
テーマは「認知症の方との接し方」



という事でスタッフが特別講師となり、その講演を他のスタッフ達が聞くという形。
今さらなテーマという気もしなくはありませんが、まだ認知症ケアの経験が浅いスタッフも
いますし、そもそも経験が長くてもしっかり認知症の方に対するケアが出来ている方も、そうは
多くないでしょうからね。


講義の後はグループワークも行いましたが、やはり基本的なスタンスとして、認知症の方には
その方の世界を尊重し、言動を受け入れ優しく接するという事が大事なんだという、至極当たり前の
答えに行きつく訳であります。

そして、良い意味で普通に接する。
子ども扱いするような関わりはしない。かといって、変によそよそしい他人行儀な関わりもしない。
普通に、普通に接する。これ案外と出来てなかったりします。
自分は普段から意識してますが、他の方から見るとどうなんだろ??


しかし、スタッフも人間です。
どうしてもイライラが強くなってきてしまった時には、他のスタッフに対応を変わってもらうという
事も必要な場面があると思います。その方がスタッフにとっても、利用者様にとってもプラスになる
場面もあるはすですよね。そうした所もスタッフ間で協力し合いましょうとも話し合いました。


認知症の利用者様も、スタッフもストレスが無く優しい時間を過ごせる。
そうした理想に少しでも近づければいいな~と改めて強く感じた次第であります。




[PR]
by daynagadai | 2017-04-06 19:33 | ミスターK | Comments(0)